2008年01月12日

自己形成史

生まれたとき
 世界反戦デーに生をうけた。
そんなのもあってか、反戦には敏感に反応してしまうのかもしれない。
赤ちゃん時代は、あまりにも、ピーピー ぴーぴーと泣き喚くので、
父が、『ぴーこ』と呼んであやされていたそうだ。寒い夜は、母の
背中で、夜月を見ながら、ぴーぴー泣きながら、寝かしつけないと
ダメなほど、寝つきの悪い赤ちゃんだったようだ。

3歳のとき
 頭上で、お皿が飛び交う。お皿がガッシャーンと勢いよく割れる音
が今でも、脳裏に浮かんでくる。あたしは、祖母の懐に隠れて、こと
が済むのをずっと待っていた。心臓は、どきどきだ。

保育園時代
 園では、お昼を食べた後に 粉のお薬を飲まなければいけない男の
子がいて、あたしは、手伝いたくって、その男の子のお薬の袋を空け、
上を向かせ口をあ〜んと空けさせてあげ、そのお粉の薬を飲ませて
あげることを毎日の日課にしていた。保母さんたちからは、『将来、
楽しみネ。看護婦さんっ』と、期待されていた。得意だった。

小学校時代
 学校に上がったばかりの夕暮れどきに 近くの用水路で、弟と、
そのせぎを飛び越えたりして遊んでいたら、不意に ぷ〜んと、変な
油と変なものが混じった臭いがしてきて、後ろを振り向くと、中年風
の酔っ払ったような土木関係の日雇い労働者のような男が、後ろから
覆いかぶさってきた。『怖くないよ〜怖くないよぉ〜』とずっと、そ
の男は、言っていた。この暴行のどこが怖くないのか・・・疑問だっ
た。この暴行の一部始終を見た目撃者は、三歳児の弟一人だけだった。
 その直後から、自分という存在は、抜け殻化したのだ。そして、
不登校になってしまった。 
posted by このは なさくや at 20:18| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月01日

ライフコーディネート

新年が来たぁひらめき
おめでとうございますぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
一年の計は元旦にあり。。ということで、一年の始まりに思うこと。
やっぱり、いまここで、足元にある解決すべき、解決していかなければ
ならない問題と正面から向き合うってことかな。

たくさんあるけど、その中から、
私の一つのステイタスにしている
『友なき友の友に』
という課題かもしれない

不法残留してる
DVから命張って逃避してる
顔が歪(いびつ)
目と目が離れてる

小さすぎる
大きすぎる
弱いものに対する悲観
強いものに対する嫉妬
ネチネチしてる
自己愛のかたまり
ともだちができないと自負している
などなど

列挙してるだけでも、もうどうしようもない面々
ってなってくるかもしんない

けど、これは、ごく一部の常識人間の『考え方』だと仮定する

あたしは、非常識の可能性を追求しているにすぎないのかもしれない
それで、あたしについてこられなくなる
恐らく、あたしの思考の中は、こっぴどく忙しい

『友なき友』って言ったって
どこかにゃ いると思うんだ
本当に分かり合えるって感覚の人間が

ただ、いまここにゃ いないってだけのことだから
安心するんだ

いまここでは、見つからないんだから、
いまここでの君の考え方をどうにかしようよって
どうにかしてくれよって

これってのが、難題なんだ
すっごく難題極まりない

そのまま
ありのまま
で、過ごすことが
どれだけ
しんどいかってこと
どれほど
奇跡的なことかって

いまここで
ありのままに過ごせるひとは、
ほんとうに幸せなひとかもしれない
そして、自分もその一人なのかもしれない

というわけで、
元旦に思いをめぐらしています

一番に
友達のこと
友情のこと
絆って何なんだって

その友達のつながりって
すごいなって
実感させられた

例えば、
急に引越しとかしなければならない状況になって、
あまりにも急だし、お金ないし、トラックとかないし、
ないないづくしの状況だったとしよう

そんなときに
うまくスクラムを組むように引越しの準備を
なんなりと、こなしてしまえる
そういった人間関係っていうのか
コミュニケーションっていうのか

整うんだよ

そういうのって
スゴクナイかな

人間関係、それまでゼロなわけ
今日、はじめましてっていきなし
会ってだよ

そんなプライベートなことでも
わかっちゃうんだ

『シンクロニシティ』なのかも
そんなことを感じてしまう
自然となみだ溢れてくる
このつながりっていうものに対して

理論とか
筋道とか
博打とか

何も存在してないストーリー

ただね
こうなったらいいだろうなぁっていう
思いだけなんだよ
こうしてあげられたらいいだろうにっていう
考えだけはあったんだよ

ステキ

ステキすぎる
思いが伝染したんだ
そして、思いが繋がったんだ
思うことが結ばれたんだ
何かの弾みで思ったことが
結果、いまここで役に立ったんだ

『おもう』
頭の中で考えることを大事にしていこうぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

だから、
あたしは、いつもみんなに感謝してるよ手(チョキ)
『ありがとう』ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)ハートたち(複数ハート)





posted by このは なさくや at 13:59| 長野 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月29日

DV

何もしてあげられなかった。
すごく後悔してる。
どんなにか・・疲れているだろう。ごめんね。
みんなに迷惑をかけてしまった。
けど、これからは、もう後ろ向きはなし!
気になるのは、彼女が、口にするのは、彼がどーのこーのという
言い回しとか・・エトセトラ・・気になる。
けど、もう国も違うし。言ってる意味もわかんないんじゃないの?
かなって・・。
あれでよかったんじゃないかな。
ただ、捜索願とか出してきたらどーすんだって。
しかも、あたしが、お部屋のキーも持ってるんですが。
というか、預かってます。
けど、もうこのキーは、用がないと思う。
このキーは、ポストに入れてきます。
あたしは、何も関与してないです。
ただただ、『友なき友の』気持ちで、お手伝いさせて頂いてます。
けど、どさくさに紛れて、また彼のこととかをしゃべってんじゃない
だろうなぁって、あせりまくります。
もう、精神的な暴力の結果って、取り返しがつかなくなる。
疲れきって、ボロボロの彼女。
いつになったら、この友人は、立ち直り・・そして、
また夢に向かってゆけるのだろう・・。
それまで、長い道のりなのかもしれないけど、見守り続けるよ。
『友なき友』のために。
だから、
明日には、必ず電話します。
今日は、もう勘弁してください。
あたしのアドバイスでは、不十分なのかもしれない。
だから、色んな多くの方々のお話しを聴いてからで・・いいよ。
最終的には、彼女が決めることだし。選び取っていくこと・・だから。
とやかく、あたしとか、他の人間が、主張することじゃないんだ。
何か隠してないかって・・
彼女には、思われてしまうかもしれないけど。
大丈夫!大丈夫!大丈夫!だからね!
そういい続けています。
もう、思い出させない方がいいって。
それが一番肝心なんだって。
あんな手紙の数々は、封印するに限るんだよ。
いちいちあの手紙を見て、メソメソ後悔してたって仕方ないじゃん。
あの手紙コレクションこそ、焼いて捨てるのは、さすがに
横暴かも知んないけど、先生の所に行って『封印』してもらうよ。
そう提案するよ。
彼女が、過去と決別するかどうかは、この何日かの過ごし方で、
変わるよ。きっと。
そう願いたいんだ。
あたしも、あたしのフレンドも、みんな協力してくれてる。
こんなにも、親切にしてくれる。
本当に感謝の示しようがないほどの、感謝だ!
しかも、あたし自身のことではないんだよ。
彼女のためにみんなが動いてくれた。この事実。
ありがとう!ありがとう!ありがとう!
ありがとうのシャワーを浴びてください!
よかった。これで。
まだ、これからだけど。
また、繰り返しになる恐れもある。
あたしは、信じてるからね。
今回の夜逃げに協力したあたしのフレンドのためにも。
彼女を信じてる。
恋愛ってね、
スキでも嫌いでもない人間をいっぱいにすることなのかなぁって、
今回のことで、すごく教訓として残ったよ。
ニュートラルな部分が大事って、昨日も飲んでて言われたっけな。
だから・・
そうするよ。
温度差があまりにもあるのは、ごめんだね。
posted by このは なさくや at 00:00| 長野 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近の記事
最近のコメント
粘り強い努力 by 関心を持つ (04/22)
[PTA懇談会] by 象牙の塔 (12/25)
性的被害受傷後のPTSD等自覚症状者の会 by 腰痛アドバイザー (11/23)
性的被害受傷後のPTSD等自覚症状者の会 by このは なさくや (11/03)
ライフコーディネート by このは なさくや (11/03)
カテゴリ
商品紹介
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。